取り締まりに対する有効性

| 未分類 |

 

 

車を運転する際は色々な法律を遵守しながら運転をしなければなりません。特に法定速度は油断しているとすぐにオーバーしてしまうので、常に法定速度を意識して運転しなければなりません。そうした法定速度を遵守させるために警察でも定期的にネズミ捕りと呼ばれている定期的な取締りを行ったりオービスによる自動検挙も実施しているため、そういった取り締まりに合わないようにするためにも色々対策を考えておきましょう。

 

 

レーダー探知機はオービスによる取締りを回避するために利用されていますが、果たしてレーダー探知機は本当に必要なのでしょうか。

 

 
レーダー探知機は基本的にオービス以外には反応しないようになっているため警官が直接取り締まりを行なっている場合には何の意味も持ちませんし、オービスが無い地域を走行する場合は当然ながら感知するものも無いので、どれだけいいレーダー探知機を持っていても宝の持ち腐れです。それならレーダー探知機なんて意味が無いのではと思うかもしれませんが、知らない土地に出たときなどはオービスがあるところなどは当然分からないのでそうした不測の事態を回避するためのお守りくらいの感覚で持っておいたほうが良いというのが多くの人の意見だそうです。