交通事故は様々な場所で毎日のように起きており、中には死亡するドライバーも大勢います。そんな交通事故の被害を大きくする要因の一つが事故を起こした自動車の走行速度で、スピード超過した自動車が事故を起こしたときの衝撃は想像以上に大きなものとなります。そんな自動車事故を防ぐためにも常に制限速度を守った走行を心がけたいものですが、油断しているとついスピードを挙げてしまうという方も少なくないので、そんな時はレーダー探知機を利用して安全運転を意識した運転を出来るようにしていきましょう。

 

 
自動車に取り付けるレーダー探知機はスピード違反者を自動的に確認するオービスが発する電波などを拾って警告音を出す仕組みになっているのですが、最近はレーダー探知機の機能があがり、従来品では察知できなかった電波もキャッチできるようになりました。

 

 

しかしその結果似たような周波数の関係ない電波も拾うようになり、しょっちゅう警告音が出るようになったそうです。オービスが無いところで音が鳴っても迷惑と感じた方もいるでしょうが、寧ろそうした音が鳴っている時は速度を下げるよう心がければ自然と法廷速度を守って運転することが出来るようになるので、本来の使い方とは違いますがそうした形でレーダー探知機を使ってもいいのではないでしょうか。