速度違反にならないために

| 未分類 |

運転しているとついついスピードをアップさせてしまうという方も少なくないと思いますが、自動車を運転する以上法廷速度はちゃんと守らなくてはなりません。もし法廷速度を守らないまま走行を続けていると時にはオービスなどの自動タイプの取り締まり機でスピード違反がばれることもありますし、時には直接警察に取締りを受ける事になるので、法廷速度をしっかり守り速度違反にならないためにもレーダー探知機などを使って安全運転を心がけるようにしましょう。

 
レーダー探知機はスピード違反の取締りにあうのを防ぐために開発されましたが、レーダー探知機に引っかかるのはオービスなどの電波のみで、目視されたときはどうすることも出来ませんし、最近はオービスの性能もアップしたためか中々電波をキャッチできなくなったといいます。

 

それに対応するためにレーダー探知機も改良を続けているそうですが、中々効果を発揮できないことも多いので、基本的にはレーダー探知機はお守りのようなものとして扱っておいてちゃんと自分で安全運転を心がけて運転するほうがよほど事故を防ぐことが出来るでしょう。速度違反は罰金などはもちろんですがそこから派生する事故が起きるのが一番怖いのでどうか必ず安全運転を心がけてください。