スピード違反の罰金は10キロオーバーから取られてしまうことになるので、そのような警察に何度も捕まった人の中にはカー用品の専門店で販売している「レーダー探知機」を購入する人がいます。1万円程度で新品でも購入することができるので、いつもスピード違反で逮捕されてしまう人には、予防的な観点からすると役立てることができる方法の一つといえます。
もちろん、レーダー探知機は警察無線の電波やほかの電波も傍受してしまうので、必ずしも完全なものではないということを知らなければなりません。確実に警察の場所を探り出すことができるわけではないので、そのことを意識して、周囲の安全性や情報を確実に収集できるようにしておくことが、余計なトラブルを確実に防ぐことができます。警察に捕まらずに運転をするという意味では、非常に優れているので、よくスピード違反で捕まってしまう人には使い勝手がよいアイテムの一つといえます。トラブルが嫌な人や、よく長距離でドライブする人にはお勧めできるので、ぜひ活用してみることをお勧めいたします。

 

 

車に装備できるグッズは色々有りますが、その一つにレーダー探知機といわれるものがあります。自動車にレーダーといわれても何に使うのかいまいちイメージが沸かない方もいるかと思いますが、レーダー探知機があるとスピード違反による取締りを防ぐことが出来るようになり、安全運転と法律違反に繋げることが出来るとして昔から利用されています。果たしてレーダー探知機はどのような仕組みでスピード違反の取締りを防いでいるのでしょうか。
レーダー探知機は主にオービスと呼ばれる取締りシステムを回避するために利用されています。オービスはスピードを出しやすい地域に取り付けられている自動取り締まりシステムで、オービスが設置されているところにスピード超過した自動車は走ると自動的にドライバーの写真やナンバーを撮影して後日罰金や免停といった処理を行うようになっています。

 

このオービスに利用されている電波をレーダー探知機でキャッチする事によって近くにオービスが出たときに警戒音を発して速度の原則を求めるのがレーダー探知機の仕事となっています。最近ではオービスの進歩に伴いレーダー発信機にも最新技術が導入されているので、興味のある方は是非チェックしてみてください。
000829